短小

短小ペニスで困っているんです・・・

投稿日:

銭湯に行ったものの自分の短小ペニスと他人の大きめなものを比べてしりごみしてしまった人や女性とのSEXの際にあまり満足してくれなかった人など、ペニスの大きさに関して悩みを持つ人はたくさんいます。勃起をしてもそこまで大きさがない状況というのは、そのままにしてしまうと男性としての自尊心を傷つけるだけでなく、女性に対する積極性などを失うことにもなるため、あまりいいことではありません。とはいえ、短小のままそれを肯定するほどの余裕もなく困った状態です。

こうした時に大事なのはペニス増大サプリを用いて大きくしていくことです。時間は数カ月程度最低でもかかりますが、それでも段々と効果を実感するようになります。そうすることで、自分はここまでのことをしたという意識になり、最終的に立派なものを見せつけることができるようになります。このまま何もせずに悔しい思いをしていくのではなく、なにがなんでも大きくさせてみせるという気持ちが必要です。

実際にペニス増大サプリを選ぶ場合には大きくさせてくれる成分の存在が非常に重要です。どのような成分が含まれているのかを知り、よりよいものを選んでいくことが求められます。銭湯に行っても堂々としていくにはサプリの存在が欠かせません。

増大サプリにはペニスを大きくする色々な成分が入っています。

ペニス増大サプリを選ぶ際に見ておくべき部分は成分として何が入っているかです。特にこれが入っていなければ絶対に大きくはならないという成分があります。それはL-シトルリンとアルギニンです。この2つは同じような効果を持ち合わせており、この2つでそれぞれに変換していく成分であり、その際に一酸化窒素が生成されていきます。この一酸化窒素が血管を拡張させて血流を良くしていくことにつながっています。この2つを配合したものでなければ当然ながら効果は芳しくないものとなります。

もちろんこれだけがペニス増大サプリには入っているわけではありません。亜鉛やマカのようにミネラルや精力剤として使われているものも含まれています。シトルリンやアルギニンはあくまでも血流を増やすことが目的です。ペニスにたくさんの血液が流れ込むことで勃起の際に大きくなりやすくなります。これが目的ではありますが、それをサポートする成分の存在も必要です。精力剤などを配合することでペニスに栄養を届けやすくなります。

最近では動物由来の成分や植物由来の成分、ミネラルをたくさん含んだものが登場しています。数十種類に及ぶ成分が配合しているほか、サプリのために開発されたものなども入っています。世界では多くのサプリメントが売られている中で日本人向けに改良されたものも多く出回っており、シトルリンやアルギニンを大量に含んだものが人気を集める傾向にあります。あとはスッポンなど旧来から使われてきたものが入っていることで効果がかなりありそうなサプリメントに仕立て上げることができます。

何が入っているかに着目してペニス増大サプリを見つけていくことはとても大事です。中には粗悪品も含まれ、その場合は本当にこれらの成分を含んでいたのか微妙なケースも見られます。それだけ中の成分は大事な要素を占めており、広告の文言で判断するのではなく、中に何が入っているのかで決めていくことが非常に重要です。

成分その1 シトルリン

シトルリンは遊離アミノ酸の1つとされ、スイカなどのウリ科の植物に含まれています。遊離アミノ酸とは体に存在するアミノ酸でありながら、たんぱく質を構成しているアミノ酸とは別のものです。シトルリンには血管を広げる効果がある他、疲労を減らす効果などもあります。シトルリンが増えることで一酸化窒素も増えていきます。一酸化窒素に血管を広げる効果があり、血流が増え、それが老廃物を体内から出してあげることで運動におけるパフォーマンスが増し、エネルギーの生成をアシストします。

シトルリンがED治療薬として使われることもあります。これは血流の流れを活発にさせるだけでなく、アルギニンとも結びつくことでより多くの血流が巡りやすくなるからです。ペニス増大サプリのことを考えればサイズアップにつながることが言えて、血管にもいい効果を与えます。ED治療薬は元々心臓の薬として開発された経緯があり、シトルリンを服用することはこうしたものにも効果を発揮します。

このシトルリンですが、食べ物で摂取をしていくのは意外と大変です。最も多く含まれている食材はスイカですが、年中スイカがあるわけでもなければ、毎日食べるわけにもいかず厳しいです。メロンやヘチマなどウリ科の植物に入っているものは総じて多いですが、毎日食べるのは大変なものがあります。キュウリなどもそうですが、こちらはさほど入っておらず、キュウリだけで賄うには毎日相当な量を食べなければならず、非現実的です。

だからこそシトルリンを摂取するにはペニス増大サプリの出番ということになります。大量に服用したとしても元々はウリ科の植物から取り出したもののため、体への影響がそこまでないのがポイントです。ただペニスを大きくさせるほどのシトルリンとなると食べ物などで摂取していくのではなく、ペニス増大サプリの中でもシトルリンを多く含んでいるものを選んでいくことが大事です。多すぎて困るものではありません。

成分その2 アルギニン

次にアルギニンですが、シトルリンと同様、アミノ酸の一種です。アルギニンは体内で生成できるアミノ酸であるため、摂取しなくてもいいように思えますが、年齢を重ねていくにつれてアルギニンの生成量が少なくなっていくことが懸念されています。ペニス増大を考える際にそれなりの量を確保するにはペニス増大サプリを用いていくことになります。

アルギニンの効果としては免疫力アップ、疲労回復、成長ホルモンを作り出すことです。その一方でアルギニンは性欲が衰えてきた状態を改善させる効果があります。成長ホルモンには傷の治りを早くさせる効果なども含んでいますが、食欲を抑える、脂肪を燃やして筋肉を増やすことにもつなげられます。また細胞の修復などにも効果があるため、寝ている間に回復しやすくなることも大きな要因です。これが増大にもつながりやすくなります。

成長ホルモンの存在が海綿体を育てるとも言われています。海綿体はペニスにあるスポンジ状のものであり、ここに血液が流れ込むことで膨らんでいき、勃起をする流れです。この時に大量の血液が流れ込むことになれば、海綿体を大きくしていくことができそれが増大につながっていきます。ペニスの成長は思春期で止まると言われていますが、これはアルギニンの生成量が思春期でピークを迎えるからです。

マメ科の植物から出てきたこともあり安全性もあるアルギニンですが、テストステロンの分泌もしてくれます。男性ホルモンの存在は大きく、精子の質を高めるほか、男らしい体つきにしていきます。また勃起を促し、海綿体に血液がどんどん入ることをアシストします。そうすることで段々と大きくなっていくことにつなげられます。大きくさせる際に精力剤となるものを一緒に混ぜるケースがありますが、こうした効果を期待してのことです。

アルギニンの場合はシトルリンとセットにすることで血管を強くし、一酸化窒素をより多く生成してくれます。これもなくてはならない成分です。

ペニスを大きくしたいなら、食事から成分を十分摂ることができないので、増大サプリから摂りましょう。

シトルリンもアルギニンも食事だけですべてを賄うのは非常に大変です。賄おうとすれば食事のバランスを大きく壊してしまい、ペニスの増大どころではなくなってしまいます。だからこそ、ペニス増大サプリを用いていくことが必要です。陰茎部分をより大きく成長させられるだけでなく、血流量を多くしていくことができるため、勃起力もついていきます。硬さの面でもパンパンに血液が入り込むため、硬さもばっちりです。ペニス増大サプリを飲むことで様々な効果が期待できます。

その中でも、ヴォルスタービヨンドのようなペニス増大サプリがおすすめです。何といってもシトルリンを大量に含んでおり、アルギニンに関しても確かな量が含まれています。もちろんそれだけではなく、亜鉛や特許成分と呼ばれるもの、そして動物由来や植物由来の成分を丸ごと含んでおり、効果は絶大です。カプセルで飲めばそれでいいため、楽に毎日摂取し続けることが可能です。

これとは別にトレーニングを行い、大きくさせるような環境作りを心がけることも大事です。食生活を見直すことやタバコをやめることなど血流を妨げるような生活習慣はできるだけしないようにすることもペニスの成長を考える際には必要なことです。食事でもある程度は補っていくことをやっていけばさらに効果を増すこともできます。いずれにしてもバランス良く食事をとり、運動も行い、健康に努めていく中でサプリメントを服用していけば、あとは時間をかければ大きくなっていくものです。

一番気をつけたいのは焦ってしまうことであり、結果を出そうとしてしまうことです。チントレなどのトレーニングで強引に力を入れて行うことでペニスを傷つけてしまうケースもあります。これでは本末転倒であり、せっかくの行いが無駄に終わってしまいます。ヴォルスタービヨンドなどのサプリをしっかりと服用し、焦ることなく数カ月続けていくことにより、見違えるほどのものを手にしている可能性が高いです。

-短小

Copyright© ヴォルスタービヨンドの飲み方と副作用 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.